白内障

白内障とは

白内障とは、犬の眼の中にある無色透明の水晶体が白く濁り、視力がだんだんと低下してしまう病気です。
水晶体は、映像のピントを調節するレンズのような役割をしている部分なので、見えづらくなっていくと聞くと納得してしまいます。

白内障は両眼というイメージがある方もいると思いますが、片眼だけでも発症することもあります。

白内障の白くなった目は元に戻るのか?

人間の目の白内障の場合は、水晶体を交換したりなどして視力が復活したと聞いたことがある方もいるのではないでしょうか?
犬の白内障の場合は、残念ながら一度白く濁ってしまった目は元には戻りません。
白内障を患ってしまい白く濁ってしまった目を直す方法は、きっとあることにはあるのでしょうが、人間と犬とでは、体の大きさが違うことから手術の負担もかなり違ってきてしまうわけです。
しかし、ペットのこの目はもう治らないのか…と悲観的にならなくても、白内障は早めの治療を行うことで進行スピードを遅らせることが可能なのです。
白内障は数ヶ月~数年かけて進行する病気のため、早期発見、早期治療が大切です。

白内障の主な症状

・夕方の散歩に行くのを嫌がる
・よく物にぶつかる
・よくつまずく
・黒眼が白く濁っている
・触られると過敏に反応する
・眼をこする
・眼を開けることができない
・涙があふれている
・食事の置き場所がわからない
・鼻で匂いを嗅ぎながら場所を探すようになる

犬は視力が低下すると、歩き方がぎこちなくなったり、物によくぶつかるようになります。
加齢によって水晶体が硬くなる核硬化症という状態でも黒目が白くなりますが、白内障と違って視覚の障害は起こりません。

白内障の主な原因

犬の白内障の原因は、ほとんどが老化によるものと言われています。
しかし、稀に若い犬でも、遺伝的な要素で生まれつき水晶体が濁っていることもあります。

また、白内障は糖尿病と併発する確率が高いと言われています。
バランスの良い食事と運動で、犬が糖尿病を患うことが無いように注意することが重要です。

さらに白内障は、紫外線の浴びすぎも原因のひとつと考えられています。

白内障の予防

白内障の予防方法は、原因にもあるように、強い紫外線を浴びないようにすることが予防につながります。
散歩は紫外線の弱い朝や夕方にして、日差しの強い時間帯を避けるようしましょう。
また、夏よりも春の方が紫外線が強い傾向にもあるので、おうちの中にいても紫外線をカットするカーテンなどに変えることも予防に繋がります。

そして、犬の目の周りに目やになどが溜まらないようにふき取って清潔にしてあげましょう。
目の周りを清潔に保つことは白内障をはじめ、すべての病気の予防になります。

もし、白内障を発症した場合は、ペットの生活導線を見直してあげましょう。
視界が悪くなるので、ぶつかったりするような物はなるべく置かないように気を付けてください。

白内障になりやすい犬種

トイ・プードル
パグ
マルチーズ
チワワ
柴犬
ラブラドール・レトリーバー
ミニチュア・シュナウザー
アメリカン・コッカー・スパニエル
ゴールデン・レトリバー
シべリアンハスキー
など

わんちゃんの目に不安なことがあれば、獣医さんにご相談ください。

投稿者プロフィール

みやびさん
みやびさん小動物看護士・ペット繁殖指導員・ペット販売士
ポメラニアンとポメチーの女の子のママしています。
ペットショップ勤務をしていましたが、現在はペットに関するライターをしています。
家族と犬がより良く過ごせるように応援しています♪

関連記事

  1. 尿毒症

  2. 腎盂腎炎

  3. ジアルジア症

  4. 褥瘡

  5. 水腎症

  6. 前十字靱帯断裂

公式Twitter