犬の前庭疾患

犬の前庭疾患とは

平衡感覚をつかさどる器官である前庭に異常があり障害を起こしている状態を前庭疾患と呼びます。
前庭は、末梢前庭と中枢前庭の2つに分かれています。
抹消前庭は、耳の中にある内耳、耳と小脳や延髄をつなぐ部分であり平衡感覚のバランスをとっている部分のことを指し、ここに異常がある場合を末梢神経疾患と呼びます。
中枢前庭とは、延髄や小脳で平衡感覚のバランスをとっている部分のことを指し、ここに異常があるものを中枢神経疾患と呼びます。
また、シニア犬に発症が多く見られる原因不明の突発性前庭疾患もあります。

フラフラと歩いたり同じ場所を何度も回ることで気付くことが多い

前庭疾患は平衡感覚を司る器官の病気です。
ですので、真っ直ぐ歩く、真っ直ぐ立てる、立ち上がるという行動が難しくなります。
左右のバランスがうまく取れないことで、よろめいたり、左右片方に重心がかかっているような動きをしたり、ずっと首を傾げているような動き(斜頸)、同じ場所でグルグル回ってしまい前に進めない状態(旋回運動)が見られます。
これらの犬の動きを見て、異常を察知する飼い主さんも多いです。
また、小刻みに眼球が揺れる(眼振)も見られます。
これは人間で言うところのめまいに近い状態であるので、食欲が無くなったり、嘔吐を繰り返すこともあります。
前庭疾患の治療後もこれらの症状は後遺症として残る傾向があります。

犬の前庭疾患の症状

・首を一定方向にずっと傾げている
・片方の耳を地面に向けるように首が傾く
・眼球が揺れている
・同じ方向にグルグル回って前に進めない
・よろける、こけてしまう
・立ち上がろうとしても倒れてしまう
・食欲不振
・よだれを大量に垂らす
・嘔吐
・元気がない

犬の前庭疾患の原因

・末梢神経疾患
中耳炎内耳炎などの耳の病気
内耳の腫瘍
外傷や耳の異物
甲状腺機能低下症
など
・中枢神経疾患
脳梗塞
脳出血
脳脊髄炎
頭部への強い衝撃や外傷
脳腫瘍
中毒
ビタミンB1欠乏
など
・突発性前庭疾患
不明なことが多い

犬の前庭疾患の予防

前庭疾患の予防法は、前庭疾患の種類により異なります。
末梢神経疾患の場合であれば、中耳炎内耳炎を患わないように注意をしてあげることです。
中耳炎内耳炎は、外耳炎からの波及が多い傾向があるので、外耳炎の早期発見、早期治療が大切です。
中枢神経疾患の場合は、頭部への強い衝撃や外傷を防ぐために、愛犬の生活導線をチェックしてあげることが大切です。
家具の角で鋭利なものがあれば、コーナークッションなどを使用し、ぶつかっても痛くないようにしてあげましょう。
また、ソファやベットなどからの転落をしないように注意してあげましょう。

前庭疾患になりやすい犬種

全ての犬種

わんちゃんに不安なことがあれば、獣医さんにご相談ください。


投稿者プロフィール

みやびさん
みやびさん小動物看護士・ペット繁殖指導員・ペット販売士
ポメラニアンとポメチーの女の子のママしています。
ペットショップ勤務をしていましたが、現在はペットに関するライターをしています。
家族と犬がより良く過ごせるように応援しています♪

関連記事

  1. 前十字靱帯断裂

  2. 白内障

  3. 角膜炎

  4. 肺炎

  5. 汎骨炎

  6. 口蓋裂

公式Twitter