眼球脱出(眼球突出)

眼球脱出(眼球突出)とは

犬の眼球脱出、または眼球突出をご存知でしょうか?
犬種ごとの一般の範囲を超えて、眼球が前に飛び出している、または押し出されている状態のことを、眼球脱出または眼球突出と言います。

眼球脱出は、目が大きく、頭蓋骨の長さと比べて鼻がとても短い短頭種(近年愛犬として飼育されることが増えた、いわゆる鼻ペチャ犬)と呼ばれる犬種が起こりやすい傾向にありますが、それ以外の犬種も何らかの原因で眼球脱出してしまうことがあります。

眼球脱出が起こった時の対処

眼球脱出は非常に痛みを伴うことが多いので、パニックになる犬もいます。
当然、飼い主さんもビックリすると思いますが、大きな声を出さず冷静に対処してあげましょう。

眼球脱出してしまった場合は、瞼を閉じることも困難になるため、目を掻いたり暴れたりすることもありますので、まずは保定し動きを制御した状態にして厚めのタオルを首元に巻いてあげましょう。
こうすることで、顔付近に足を近づけることを防ぎ、眼球への傷や眼球破裂を防ぐことができるのです。
エリザベスカラーをお持ちの場合は、そちらを使用することが尚良いでしょう。
そして、早急に動物病院で診察を受けましょう。

眼球突出は程度にもよりますが、自然に落ち着くということはありません。
ですので、様子を見るということはNGです。そのままでは失明や眼球壊死(腐ってしまうこと)も考えられます。
また、慌ててしまって眼球を押し戻そうとすることも眼球破裂の可能性があり、非常に危険なので絶対に行わないでください

動物病院で診察を受けて『眼球が温存できるか否か』によって治療方針が変わってくると思いますが、重症の場合は眼球摘出により義眼になることもあります。

眼球脱出(眼球突出)の主な症状

・目が飛び出した
・目が大きくなった
・瞼が閉じられなくなった
・目に血が溜まっている
・目の周りの色がおかしい
・目が充血している
・目が腫れている

眼球脱出(眼球突出)の主な原因

眼球突出の原因は様々なものがあります。

外傷

眼球脱出で多く見られるのが外傷で、急に発症します。
例えば、他のわんちゃんと喧嘩してしまった、抱っこしていて落としてしまったなどの落下事故、交通事故などにより、頭部に強い衝撃が加わった時に発症します。
体が小さく、元々の眼球の露出面積が大きいほど発症の確率が高まります。

他の病気によるもの

眼球脱出は、他の目の病気や他の体の病気によっても発症します。
有名なのが緑内障や腫瘍、炎症などから眼球の後ろに膿が溜まってしまった場合などです。
また、犬の甲状腺機能亢進症にも眼球脱出の症状があります。
眼圧が上がることや腫瘍や炎症からの膿によって、眼球が押し出されてしまうのです。
これらの場合は急性と違って、少しずつ緩やかに症状が現われます。

眼球脱出(眼球突出)の予防

眼球脱出の予防は、急性の場合は他の犬との喧嘩や交通事故を防ぐために、ノーリードはしない、興奮しやすい犬は落ち着かせる訓練をしておく、ということになります。
自宅の庭で遊んでいて、柵をこえてしまったり隙間から出てしまい、交通事故にあってしまうというケースもありますので、柵は充分な高さを設置したり、壊れた場所がないかなどチェックしておくことも大切です。
また、発情期の犬は予想外なほどにアクティブで興奮状態になっていることもありますので、外から侵入してきて喧嘩に発展するということもありえますので、注意しましょう。

落下事故を防ぐためには、自転車の前かごにそのまま乗せない、ペットを抱っこをするときはしゃがんで行う、車に乗せる時は急ブレーキによる落下を防止するために必ずキャリーケースに入れたり、犬用のシートベルト補助具を使用することなどになります。
また、キャリーケースやバックの肩紐やスリングの肩紐が痛んでいないか、小さなことでもきちんとチェックすることが大切です。
自宅の階段などには、滑り止めをつけるなどの対策も重要です。

他の病気のリスクで眼球脱出を予防したい場合は、きちんと処方された薬を与えること、定期的な診察を受けることが重要です。

眼球脱出(眼球突出)になりやすい犬種

ボストンテリア
フレンチブルドッグ
ペキニーズ
シーズー
パグ

マルチーズ
ヨークシャー・テリア
チワワ
など

わんちゃんに不安なことがあれば、獣医さんにご相談ください。

投稿者プロフィール

みやびさん
みやびさん小動物看護士・ペット繁殖指導員・ペット販売士
ポメラニアンとポメチーの女の子のママしています。
ペットショップ勤務をしていましたが、現在はペットに関するライターをしています。
家族と犬がより良く過ごせるように応援しています♪

関連記事

  1. 毛包虫症

  2. セロイドリポフスチン症

  3. コクシジウム症

  4. 疥癬(かいせん)

  5. 臍(さい)ヘルニア

  6. 犬のヘビ毒

公式Twitter