クリプトコッカス症

クリプトコッカス症とは

クリプトコッカス症とは、クリプトコッカスと呼ばれるカビ(真菌)の1種に感染してしまう病気のことを言います。
クリプトコッカス症は、人畜共通感染症(ズーノーシス)の1つであり、免疫力や体力が落ちた人間、犬、猫などは日和見感染をしやすいので注意しましょう。

クリプトコッカスは、ハトの糞に多く含まれているので、様々な環境に運ばれて広がります。
空気中や土壌などに広く散布されているクリプトコッカスを、鼻や口から吸いこむことによって主に感染します。

クリプトコッカスは主に吸入による感染

クリプトコッカス症は、主に吸入することにより感染するので、鼻や肺などの呼吸器の症状が主に出現します。
くしゃみ、鼻水など典型的なものから、肺炎や鼻の粘膜に肉芽腫ができるようなものまであります。

しかし、吸入以外でも感染することがあり、感染は皮膚や目、神経などの全身に及びます。
目の病気のブドウ膜炎網膜剥離などの病気の原因になったり、脳炎や髄膜炎などの脳の病気の原因となることがあるので注意をしておきましょう。

また、皮膚に感染すると、皮下に潰瘍やしこりが出現します。
中枢神経へ感染すると、けいれんや麻痺、意識障害などの症状が現われるので注意が必要です。

クリプトコッカス症の症状

・食欲低下
・くしゃみ
・鼻水が出る
・鼻水がドロドロとしている
・鼻にできものができる
・鼻が腫れている
・鼻の穴が塞がっている
・目ヤニが多い
・涙が多い
・目が赤い
・体にしこりがある
・体に潰瘍がある
・けいれん
・麻痺
・意識がない

クリプトコッカス症の原因

環境中のあらゆる場所に存在する、クリプトコッカスと呼ばれる真菌の1種に感染することが原因です。

クリプトコッカス症の予防

クリプトコッカス症は、免疫力や体力が低下している犬が感染し発症する日和見感染によるものですので、健康な犬は感染しても発症することはありません
よって、免疫力や体力を充分に保つことが大切です。
犬の年齢に合った食生活を行い、適度な運動をするように心がけてあげましょう。

さらに、クリプトコッカスはハトの糞に多く見られるので、ハトの多い地域や季節では掃除をこまめに行い、ハト除けのネットを設置したり、ハト除けの忌避剤を塗布するなど工夫を行いましょう。

また、散歩から帰ってきたら、体を清潔にすることも大切です。
散歩用のウェアと室内用のウェアを分けたり、ブラッシングを行う、足裏などを洗うなどを行ってあげましょう。

クリプトコッカス症になりやすい犬種

全ての犬種

わんちゃんに不安なことがあれば、獣医さんにご相談ください。

投稿者プロフィール

みやびさん
みやびさん小動物看護士・ペット繁殖指導員・ペット販売士
ポメラニアンとポメチーの女の子のママしています。
ペットショップ勤務をしていましたが、現在はペットに関するライターをしています。
家族と犬がより良く過ごせるように応援しています♪

関連記事

  1. レプトスピラ症

  2. 犬の膀胱移行上皮癌

  3. 水腎症

  4. 肺炎

  5. 前立腺腫瘍

  6. ライム病

公式Twitter