急性湿疹(ホットスポット)

急性湿疹とは

急性湿疹とは、気温が高く、蒸し暑い時期に発症が見られる急激に皮膚の炎症、化膿がおこる病気です。
急性湿疹は、化膿性創傷性皮膚炎や化膿性外傷性皮膚炎、ホットスポットなどと呼ばれることもあります。

急性湿疹は被毛の多い犬の発症が多い

急性湿疹は、春~梅雨時期などの高温多湿の環境により、皮膚が蒸れることで雑菌が増殖し発症します。
急性湿疹の発症が多い犬種の特徴として、アンダーコートがあり被毛が密になっている犬種やアレルギー性皮膚炎などの傾向がある、皮膚がとてもデリケートになっている犬が挙げられます。

急性と病名が付くほどなので、朝は平気だったのに午後には発症していたなどの報告もあります。
そして、急性湿疹は痒みや痛みを伴うので、犬が体を舐めたり噛んでしまうことにより、患部をさらに傷付けてしまい、悪化する場合が多いので注意しましょう。
また、炎症に伴って脱毛がおこることもあります

急性湿疹の症状

・しきりに体を舐めている
・体を床に擦り付ける
・体を噛む
・毛が固まってカピカピになっている
・触ろうとすると嫌がる
・体を痒がる
・体を痛がる
・体から血が出ている
・脱毛
・皮膚がただれている
・被毛の色が変わる

急性湿疹の原因

急性湿疹の原因は、被毛の下の皮膚の温度上昇により蒸れてしまうことで、雑菌が繁殖し、皮膚に炎症をおこしてしまうことです。

急性湿疹の予防

急性湿疹の予防は、被毛の下の皮膚を高温多湿にしないことです。
水遊びやお風呂の後は、ペットの体に付いている水分をしっかり拭き取り、根本まで乾かしてあげましょう。
その際に、被毛の中によく空気が通るようにするため、ブラッシングをし、毛が絡まったり固まったりしないようにしてあげることが大切です。
これは、梅雨時期に雨が降ったあとも同様に行ってあげましょう。
また、定期的なトリミングで被毛をカットし、風通しをよくすることも推奨されます。
そして、エアコンなどを使い、温度や湿度の管理を行ってあげましょう。

もし、急性湿疹を発症してしまった場合は、患部の掻き壊しを抑えるため、エリザベスカラーを使用しましょう。
また、この病気は、一度発症すると再発の傾向が高くなります
犬の行動に不安を感じたら、早めに獣医さんに相談しましょう。

急性湿疹になりやすい犬種

アラスカン・マラミュート
シベリアン・ハスキー
ラブラドール・レトリバー
ゴールデン・レトリバー
秋田犬
柴犬
ダックス・フンド
パピヨン
ポメラニアン
チワワ(ロングコート)
など

ダブルコートの被毛が密に生えている犬種は注意しましょう。

わんちゃんに不安なことがあれば、獣医さんにご相談ください。

投稿者プロフィール

みやびさん
みやびさん小動物看護士・ペット繁殖指導員・ペット販売士
ポメラニアンとポメチーの女の子のママしています。
ペットショップ勤務をしていましたが、現在はペットに関するライターをしています。
家族と犬がより良く過ごせるように応援しています♪

関連記事

  1. 緑内障

  2. 回虫症(トキソカラ症)

  3. 犬のヘビ毒

  4. 毛包虫症

  5. 膿皮症

  6. 咀嚼筋炎

公式Twitter