角膜潰瘍

角膜潰瘍とは

角膜潰瘍とは、外傷や感染症などの理由から眼球の表面上にある角膜に傷がついてしまい潰瘍となってしまう病気のことを言います。

角膜は、目の表面から角膜上皮層、角膜実質層、デスメ膜、角膜内皮細胞と層になっているものなのですが、傷の深さによってグレードⅠ〜Ⅲに分類されます。
グレードⅢになると最も重症とされているものになり、角膜に穴があいてしまっている状態(角膜穿孔)を指します。

また、難治性潰瘍(SCCEDs=スケッズ)と呼ばれるものがあり、角膜が再生しても、角膜の層の角膜上皮層と角膜実質層がうまく接着ができない状態になり、角膜の傷が治らない病気もあります。
この難治性潰瘍というものは、犬の中でもボクサーやコーギー、フレンチブルドッグ、ゴールデンレトリバーで見受けられることが多く、別名『ボクサー潰瘍』や『再発性または、無痛性上皮びらん』と呼ばれています。

角膜潰瘍は痛みが強い病気

角膜とは、眼球の表面を覆っているもので、光の情報を目に入れる働きをしている大切な部分です。

角膜潰瘍を患うと非常に痛みを伴うものですし、治療が遅れると長引いてしまう傾向にあります。
愛犬の目に異常を感じたら、早急に動物病院で診察を受けさせてあげましょう。

角膜潰瘍の主な症状

・目を閉じている
・涙が多くなった
・目を痛がっている
・瞬膜(第三眼瞼)が出る
・目ヤニが多くなった
・目が赤くなっている
・充血している
・目の表面に白い傷のようなものが見える

角膜潰瘍の主な原因

角膜潰瘍の原因は、外傷や感染症によるものが多いと言われています。
しかし、他の眼病からの併発や細菌感染、異物によるものなど多岐にわたるものでもあります。

外傷

目を掻いたときにできる擦過傷などが原因で角膜潰瘍を発症します。
人気犬種のパグやシーズー、チワワなどの眼球が大きい犬種や短頭種に多く見受けられます。

眼瞼やまつ毛の異常

角膜潰瘍は、瞼やまつ毛の異常でも発症しやすくなります。
例えば、眼瞼内反症眼瞼外反症などの瞼の異常が症状の病気が原因であったり、逆さまつ毛による物理的な角膜に対する刺激で発症することもあります。

細菌感染や異物によるもの

角膜潰瘍は、細菌や真菌などに感染することや、ホコリや毛などの異物が目に入ることでも発症します。
異物の点で気を付けたいのが、シャンプーなどの化学薬品によっても引き起こされる可能性があるという点です。

角膜潰瘍の予防

角膜潰瘍の予防でおうちでできることは、外傷から目を守るためにペットの爪をこまめに切ってあげること、そして爪が尖った状態にならないようにヤスリをかけてあげることです。
また、耳を掻こうとして誤って目元を掻いてしまい、目に傷をつけてしまうこともありえるので、耳掃除も定期的にしてあげましょう。

ペットのシャンプーを自宅で行う場合も、目にシャンプーが入らないように気を付けてあげることが大切です。
逆さまつ毛の犬は、定期的にまつ毛を抜いてあげる処置も必要になります。
また、顔周りの毛が長くなる犬種は、トリミングしてあげるといいでしょう。

さらにペットが目を擦っていたり、目をシパシパさせている時は目に何らかの異常がある時です。
ペットが普段と違う仕草を見せていたら、早めに獣医さんに相談しに行きましょう。

角膜潰瘍になりやすい犬種

ボクサー
ゴールデンレトリバー
チャウ・チャウ
フレンチ・ブルドッグ
ウェルシュ・コーギー
シーズー
ヨークシャーテリア
パグ
マルチーズ

ポメラニアン
チワワ
など

わんちゃんの目に不安なことがあれば、獣医さんにご相談ください。

投稿者プロフィール

みやびさん
みやびさん小動物看護士・ペット繁殖指導員・ペット販売士
ポメラニアンとポメチーの女の子のママしています。
ペットショップ勤務をしていましたが、現在はペットに関するライターをしています。
家族と犬がより良く過ごせるように応援しています♪

関連記事

  1. 犬のてんかん

  2. 椎間板ヘルニア

  3. 疥癬(かいせん)

  4. 口内炎

  5. 前立腺腫瘍

  6. 眼瞼外反症

公式Twitter