臍(さい)ヘルニア

臍ヘルニアとは

臍ヘルニアとは、おへその部分の通常は閉じられている穴が塞がっていない状態により、臓器の一部が脱出してしまっている状態のことを指します。
生後間もない子犬での発見が多く、おへその部分がぽっこり膨らんでいる状態であることから『でべそ』と言われることもあります。

臍ヘルニアは穴から出ている内容物が重要

へその緒はお腹の穴から出て母体に繋がっています。
この、お腹からへその緒が出ている穴のことを臍帯輪(さいたいりん)と呼び、通常へその緒が外れた時に自然に塞がります
しかし、穴が大きすぎたり、塞がりが不十分である場合は、この穴から脂肪や血管、臓器の一部が脱出してしまいます。
脱出してしまった血管や臓器の一部に血行不良が起きると、壊死してしまい、命に関わることもあります。
また、成長していくにつれて臍帯輪は塞がることもあります。
しかし、塞がっているにも関わらず、ヘルニアのような見た目のものもあり、これは脱出した脂肪組織が閉じた臍帯輪付近に残ったものであると言えます。
どちらの状況なのかは、動物病院で検査をしなければ分からないことなので、お腹にできものがあれば早めに獣医さんに相談することをおすすめします。

臍ヘルニアの症状

・お腹にできものがある
・できものを触ると柔らかい
・できものの大きさが大きくなったり小さくなったりする
・でべそがあると言われた(飼った時に)
・できものが変色している
・お腹を痛がる
・下痢
・便秘
・嘔吐

臍ヘルニアの原因

臍ヘルニアの原因は、臍帯輪の閉塞が不十分である、または大きすぎることにより起こります。
また、これらは遺伝による要因が大きいと言われています。

臍ヘルニアの予防

臍ヘルニアの予防は、残念ながらありません。
しかし、お腹に力が入ることにより、腹圧が上昇するようなことをすると臍ヘルニアは発生、進行しやすいと言えます。
例えば、激しい運動や急激に興奮することによって吠えることなどです。
ですので、ペットが幼いときは、なるべくこのような運動を避けることが大切です。
また、臍ヘルニアは子犬のみならず、避妊手術後の傷の修復過程により、メス犬でも起こりやすい傾向がありますので、避妊手術後はできるだけ安静に過ごさせるように心がけましょう。

臍ヘルニアになりやすい犬種

アメリカン・コッカー・スパニエル
キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル
ペキニーズ
シーズー
など

わんちゃんに不安なことがあれば、獣医さんにご相談ください。

投稿者プロフィール

みやびさん
みやびさん小動物看護士・ペット繁殖指導員・ペット販売士
ポメラニアンとポメチーの女の子のママしています。
ペットショップ勤務をしていましたが、現在はペットに関するライターをしています。
家族と犬がより良く過ごせるように応援しています♪

関連記事

  1. 変形性関節症

  2. 認知症

  3. 蜂窩織炎(フレグモーネ)

  4. 肝炎

  5. 免疫介在性関節炎

  6. 瓜実条虫症(犬条虫症)

公式Twitter