眼瞼外反症

眼瞼外反症とは

眼瞼外反症とは、瞼が当初の位置よりもひっくり返ってしまっている状態のことを言います。

瞼は眼球を保護する役割をしているのですが、裏返しになってしまっている状態では、当然、瞼の裏側の結膜の部分が常に露出してしまっているということなのです。
これによって、ドライアイになってしまったり、細菌感染から結膜炎などの他の目の病気に進展してしまうことがある病気です。

眼瞼外反症はどちらの瞼に起こることが多い?

眼瞼外反症は、下瞼に起こることが多いことで知られており、重度の場合は犬がアッカンベーをしているように見えます。

軽度の場合は、内科的治療で経過を観察することもありますが、重度の場合は外科的治療で瞼を矯正してあげないといけません。

眼瞼外反症の主な症状

・目の下側がピンクに見える
・目を痛がる
・涙が多い
・目やにが多い
・下瞼が不自然に見える
・左右の目の大きさが違う

眼瞼外反症の主な原因

犬の眼瞼外反症は、遺伝的要素が多い傾向にあります。
頭の部分の皮膚がたるんでいる状態の犬種で、顔にしわが多い犬種に多くみられます

眼瞼外反症のその他の原因としては、加齢によって目の周りの筋肉が衰えることによって発病することもありますし、体重が極端に減少してしまい顔の皮膚が余ってしまっている状態から発病することもあります。

また、甲状腺機能低下症や顔面麻痺などの他の病気との併発も考えられますので、動物病院で検査を受けましょう。

眼瞼外反症の予防

眼瞼外反症は、犬の生まれつきの顔の形によって発病リスクがあります。

目の開き方が小さい犬種、垂れ目の犬種、目の周りの皮膚が柔らかく伸びやすい犬種がリスクがあると言われています。
よって、当てはまる犬種は普段の生活から目を注意して観察してあげることが大切です。

ペットがシニア期に近づいてきたら定期健診で目の状態を診てもらったり、他の病気のリスクの可能性も調べてもらうために血液検査などを行うようにしましょう。

眼瞼外反症になりやすい犬種

セントバーナード
グレート・デン
ニューファンドランド
ラブラドール・レトリバー
チャウ・チャウ
バセット・ハウンド
ブラッドハウンド
シャーペイ
ペキニーズ
ブルドッグ
アメリカン・コッカ―・スパニエル
パピヨン
シーズー
ヨークシャテリア
パグ
トイ・プードル

また、よく似ている病気として眼瞼内反症というものもありますので、参考にしてみてください。

わんちゃんの目に不安なことがあれば、獣医さんにご相談ください。

投稿者プロフィール

みやびさん
みやびさん小動物看護士・ペット繁殖指導員・ペット販売士
ポメラニアンとポメチーの女の子のママしています。
ペットショップ勤務をしていましたが、現在はペットに関するライターをしています。
家族と犬がより良く過ごせるように応援しています♪

関連記事

  1. 膝蓋骨脱臼(パテラ)

  2. アジソン病(副腎皮質機能低下症)

  3. 犬の膀胱移行上皮癌

  4. 白内障

  5. フィラリア症(犬糸状虫症)

  6. 緑内障

公式Twitter