膝蓋骨脱臼(パテラ)

膝蓋骨脱臼とは

膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)とは、膝蓋骨(膝のお皿)が正常な位置から外れてしまっている状態のことを指します。
膝蓋骨は、通常、太もも部分にある大腿骨の溝で滑車溝と呼ばれる部分にはまっており、上下からの腱によって支えられ、真っ直ぐ上下に動くことで滑らかな膝の曲げ伸ばしを行っています。
しかし、様々な原因により膝蓋骨が脱臼をしてしまい、膝の内側に脱臼することを『内方脱臼』、外側に脱臼することを『外方脱臼』、両側へ脱臼することを『両方向性脱臼』と呼びます。
膝蓋骨脱臼の発症の内、多くは内方脱臼です。
片方の足のみ発症ということもありますが、両方の足での発症も見られます。

膝蓋骨脱臼は、英名でPatellar dislocationと言うことから、膝蓋骨を指すPatellar(パテラ)と略されて呼ばれることもあります。

膝蓋骨脱臼はグレードが4段階に分けられる

膝蓋骨脱臼は症状の程度により、グレードが4段階に分けられます。

・グレード1(最も軽症)
普段は膝蓋骨は滑車溝にはまっている状態ですが、手で押すと脱臼する状態です。
しかし、手を離すと再び定位置に戻ります。
通常の日常生活では、あまり脱臼を起こすことがないため、気付きにくいこともあります。
しかし、激しい運動を行うと痛がる素振りを見せたり、正常な歩行ができなくなる場合もあります。
そして、グレード1の症状で特徴的なものは、スキップをするような歩き方、走り方をします。

・グレード2
普段は膝蓋骨は滑車溝にはまっている状態ですが、後ろ足を曲げた時に脱臼を起こします。
後ろ足を曲げたり伸ばしたり、手で押し戻さないと、正常な位置に膝蓋骨が戻りません。
脱臼時には後ろ足を地面に付けることができないため、犬は足を曲げたり伸ばしたりすることで脱臼を自力で戻そうとする仕草をします。
脱臼を繰り返すことでグレード3に進行しやすいので、犬の仕草で不安を感じたら早急に動物病院へ診察しに行きましょう。

・グレード3
膝蓋骨が常に脱臼をしている状態ですが、手で押し戻すと一時的に定位置に戻ります。
しかし、すぐに再び脱臼します。
ですので、後ろ足を曲げて腰を落としたまま歩行したり、内股で歩くようになります。

・グレード4(最も重症)
膝蓋骨は常に脱臼をしており、手で押し戻しても定位置に戻りません。
骨の変形が重度になり、地面に足をついて歩けない状態ですので、体を丸め、うずくまるようにして歩きます。

膝蓋骨脱臼は、グレードが低い場合は保存療法もありますが、高い場合は外科的治療になります。

膝蓋骨脱臼の症状

・足を触られることを嫌がる
・足を触ると痛がる
・足を引きずるような仕草をする
・散歩中に歩けなくなる
・激しい運動を嫌がる
・X脚になった(外方脱臼)
・O脚になった(内方脱臼)
・スキップをするような動きをする
・頻繁に足を伸ばす仕草をする
・地面に足が付かない
・腰を落として歩く
・うずくまるように歩く

膝蓋骨脱臼の原因

膝蓋骨脱臼の原因は、膝蓋骨の周りの筋肉や骨、靭帯などの異常による先天性な要因によるものと、高所からの落下や交通事故などによる膝蓋骨の損傷や、骨の成長期における激しい運動などによる後天性の要因によるものがあります。

膝蓋骨脱臼の予防

膝蓋骨脱臼の予防は、膝にかかる負担を軽くしてあげることです。
肥満は、膝や他の関節にも負担をかけ、悪影響を及ぼします。
よって、体重コントロール、食事コントロールはとても大切なことです。
また、生活環境では、硬くて滑りやすいフローリングにはカーペットをひくことで滑り止めになります。
また、階段にも滑り止めマットなどを活用してあげましょう。
さらに、ソファやベットなどの高い所からのジャンプも膝に負担がかかりますので、犬用のステップを活用してあげましょう。
そして、肉球の周りの足の裏の毛は、こまめにカットして滑らないように注意をしてあげましょう。

膝蓋骨脱臼は、初期はグレードが軽いものでも、何度も脱臼を起こすことで進行していきます。
よって、ペットの足に不自然な点が見られたら、早めに動物病院へ相談をしましょう。

膝蓋骨脱臼なりやすい犬種

バーニーズ・マウンテン・ドック
シベリアン・ハスキー
ラブラドール・レトリバー
キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル
柴犬
トイ・プードル
マルチーズ
ヨークシャ・テリア
ポメラニアン
チワワ
など

小型犬に発症が多い傾向がありますが、全てのサイズの犬種に発症します。

わんちゃんに不安なことがあれば、獣医さんにご相談ください。

投稿者プロフィール

みやびさん
みやびさん小動物看護士・ペット繁殖指導員・ペット販売士
ポメラニアンとポメチーの女の子のママしています。
ペットショップ勤務をしていましたが、現在はペットに関するライターをしています。
家族と犬がより良く過ごせるように応援しています♪

関連記事

  1. 変形性関節症

  2. 進行性網膜萎縮症

  3. 股関節脱臼

  4. 肘関節(ちゅうかんせつ)形成不全

  5. 骨肉腫

  6. ライム病

公式Twitter