股関節形成不全

股関節形成不全とは

股関節形成不全とは、成長過程間に股関節が異常な成長をし、関節のかみ合わせが悪くなることで、脱臼や亜脱臼、炎症を起こしてしまっている状態のことを言います。

犬の骨盤には、寛骨臼(かんこつきゅう)と呼ばれるくぼみがあり、この部分に後ろ足の大腿骨頭(だいたいこつとう)が入り、動いています。
しかし、股関節形成不全では、寛骨臼のくぼみが浅くなってしまっている、大腿骨頭の先端が変形していることにより、軟骨のすり減りや、周辺組織の損傷を起こします。
股関節形成不全は、左右両方の発症もあれば、どちらかのみの片側性の発症もあります。

股関節形成不全の特徴は、モンローウォークとうさぎ跳び

股関節形成不全の犬の特徴的な歩き方はモンローウォークと呼ばれる、腰を左右に振るように歩くことです。
さらに、走る時に後ろ足を同時に動かして走り、うさぎ跳びのように見えることです。
また、お座りの状態の時に横座り(お姉さん座り)をしていることもあります。

股関節形成不全は大型犬に発症が多く認められますが、小型犬でも発症しますので注意が必要です。

股関節形成不全の症状

・腰を左右に振って歩く
・うさぎ跳びのように、両方の後ろ足で地面を同時に蹴り、走る
・横座りをする
・高い場所から降りられない
・階段を嫌がる
・ジャンプをしない
・起き上がることに時間がかかる
・長時間の散歩を嫌がる
・上半身の筋肉が多く、下半身の筋肉が少ない
・足を引きずる

股関節形成不全の原因

股関節形成不全の原因は、遺伝的要因が大きいと言われていますが、他にも肥満、変形性関節症、激しい運動による関節への過度な負担、成長期における偏った食生活などが挙げられます。

股関節形成不全の予防

股関節形成不全の予防は、子犬の時に偏った食生活を避けることです。
偏った食生活は、骨や関節のみならず、他の臓器への影響もあります。
バランスのとれた正しい食生活を行うように気を付けましょう。

また、肥満を防ぐため、体重コントロールを行いましょう。
関節は特に、体重が重ければ重いほど負担がかかる場所です。
犬種別のスタンダードな体重に合わせてあげられるように努力してあげましょう。

さらに、適度な運動は健康やストレス発散にとてもいいものですが、例えば自転車で長時間引っ張って散歩に行くなどの過度な運動は行わないようにしてあげてください。
ペットの様子を見て、休ませながら運動を行うように注意しましょう。

股関節形成不全になりやすい犬種

セント・バーナード
コリー
ボクサー
ドーベルマン
オールドイングリッシュ・シープドック
アラスカン・マラミュート
バーニーズ・マウンテン・ドック
シベリアン・ハスキー
ゴールデン・レトリバー
ラブラドール・レトリバー
ポインター
ロットワイラー
ジャーマン・シェパード
など

大型犬種が好発犬種ですが、小型犬も発症しますので注意しましょう。

わんちゃんに不安なことがあれば、獣医さんにご相談ください。

投稿者プロフィール

みやびさん
みやびさん小動物看護士・ペット繁殖指導員・ペット販売士
ポメラニアンとポメチーの女の子のママしています。
ペットショップ勤務をしていましたが、現在はペットに関するライターをしています。
家族と犬がより良く過ごせるように応援しています♪

関連記事

  1. ジアルジア症

  2. 内耳炎

  3. ケンネルコフ

  4. 犬のヘビ毒

  5. ジステンパーウイルス感染症

  6. 肝炎

公式Twitter