股関節脱臼

股関節脱臼とは

股関節脱臼とは、股関節と呼ばれている、太ももの大腿骨と骨盤が繋がっている関節が正常な位置からずれる、または外れてしまい、脱臼をおこしてしまうことです。
脱臼の方向は、背中側やお腹側など様々な方向に起こります。
激しい痛みを伴いますので、早急に動物病院で治療を行ってもらいましょう

股関節脱臼の主な原因は飼い主の不注意

股関節脱臼の主な原因は、事故などによる股関節の外傷が挙げられます。
小型犬の場合は、落下事故などの衝撃によっても引き起こされてしまいます。
これらは、飼い主の不注意であることが多い傾向が高いため、犬の安全を保つ生活を送ることが大変重要になります。
また、他にも股関節形成不全などの先天的な股関節形成の異常により、股関節脱臼のリスクが高い犬もいます。
そのような犬は、健康診断などで股関節がゆるいことを指摘されていると思いますので、肥満により股関節に過度な負担を与えないように食事や運動に気を配る必要があります。
また、股関節脱臼を発症した犬は、骨や関節の炎症や股関節周りの骨の骨折、レッグ・ペルテス病などの他の病気が潜んでいないか検査をしておくことも大切です。

膝蓋骨脱臼の症状

・足を触られることを嫌がる
・足を触ると痛がる
・足を引きずるような仕草をする
・運動を嫌がる
・うずくまって動かない
・抱きかかえようとすると痛がる
・事故にあった
・落下させてしまった

股関節脱臼の原因

股関節脱臼の主な原因は、股関節に衝撃が加わったことによるものです。
他にも過度な肥満、先天的な股関節形成不全などが挙げられます。
また、股関節の靭帯が弱くなっていれば、衝撃は少なくとも脱臼を起こしてしまうこともありますので注意が必要です。

股関節脱臼の予防

股関節脱臼の予防は、犬を事故から守り、安全な生活を送ることです。
散歩時には、リードを付けることを厳守し、首輪やハーネスが緩んでいないか確認を行いましょう。
抱き上げた時に犬が暴れて落下事故が起こる場合がありますので、しっかりと保定をしましょう。
そして、家の中の階段やソファからの落下事故を防ぐために、階段には犬用の滑り止めマットを活用したり、ソファなどには犬用のステップを設置してあげましょう。
万が一の事故の時に、すぐに動物病院に向かえるように夜間診療などの病院をチェックしておくことも大切です。

膝蓋骨脱臼になりやすい犬種

全ての犬種

わんちゃんに不安なことがあれば、獣医さんにご相談ください。

投稿者プロフィール

みやびさん
みやびさん小動物看護士・ペット繁殖指導員・ペット販売士
ポメラニアンとポメチーの女の子のママしています。
ペットショップ勤務をしていましたが、現在はペットに関するライターをしています。
家族と犬がより良く過ごせるように応援しています♪

関連記事

  1. 免疫介在性溶血性貧血(IMHA)

  2. 鼻腔内腫瘍

  3. 筋ジストロフィー

  4. 前十字靱帯断裂

  5. 尿毒症

  6. 犬のアナフィラキシーショック

公式Twitter